知恵と知識と経験でご提案 オアシスのライフプランコンシェルジュ

  • topimagetopimage

保険代理店の
新しいビジネスモデルを
私たちと共に

お客様に喜ばれる保険代理店を実現できる
プラットフォームを提供します。

独自性を保ちながら一緒になる
新しい企業共生型ビジネス

  • 保険ビジネスの新規参入を考えているがハードルが高い
  • コンプライアンスのための多大な管理業務が上手く回せない
  • 顧客満足のための多様な情報収集と提案が大変
  • 生損保会社の乗り合い数の限界
  • 商品の改訂による知識が追い付かない
  • 同業他社との差別化ができない
  • AIG損害保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • SOMPOひまわり生命保険株式会社
  • アフラック生命保険株式会社
  • アクサ生命保険株式会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • メットライフ生命保険株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • FDW富士生命保険株式会社
  • はなさく生命保険株式会社
  • 損害保険ジャパン株式会社
  • アイペット損害保険株式会社

With コロナ
必要とされるビジネスのあり方とは

  • IT を活用した非接触によるサービス提供
    ITを活用した非接触によるサービス提供
    オンライン面談、デジタル決済などライフプラン業務におけるDXの関わりは、コロナ禍を機に一気に進むものと思われます。
    システムを導入することは簡単です。難しいのは、そのシステムをどう活用するかです。我々は、現在リアルとオンラインのハイブリット対応をしております。すべてをデジタル化やオンライン化するべきではなく、バランスよくDXすることこそが我々の強みです。
  • 一つのビジネスモデル、一つの商品・サービスに依存するリスク
    一つのビジネスモデル
    新型コロナウィルスの感染拡大の影響は、今後経済全体に大きな影響をもたらすことでしょう。コロナ禍は、ビジネスにおける業種特化や単一業種の生き残りの難しさを教えてくれているのではないでしょうか?
    コロナ前には全盛であった観光業関連の業種は、インバウンドによる収益が見込めず苦戦を強いられています・・・今後どのようなリスクがあるかわかりませんが、業態、業種の多様化も必要になってきます。
  • リスクマネジメントへの関心の高まり
    リスクマネジメントへの関心の高まり
    社会変動・災害・病気など・・・現実化する様々なリスクを目の当たりにして、リスクマネジメントへの関心が高まっています。我々の仕事は、お客様のリスクを守る仕事です。リスク回避は難しいでしょうが、そのリスクを予測して準備することはできます。その為のノウハウや提案などを共有してお役立ちをしていきます。

もう一つのビジネスの柱の構築。
「ライフプランビジネス」は企業共生型ビジネスモデルです。

「ライフプランビジネス」が
企業共生が実現できる理由

  • ブランディングされたビジネスモデル
    ブランディングされた
    ビジネスモデル
    全国展開により築き上げてきたサービスブランド・「ライフプランコンシェルジュ®」の安心感を共有できます。メディア紹介を見る
  • 充実したクラーク業務体制
    充実した
    クラーク業務体制
    15年間の実績で作り上げた、保険メーカーからも信頼の厚いカスタマー対応とコンプライアンス対応の業務体制を共有できます。
  • オリジナルライフプランソフト・LCSの開発
    オリジナルソフト
    LCSの開発
    お客様に本当にお伝えしたいご提案を作るために、考え抜いて作ったライフプランソフトを使った提案業務ができます。
  • 製作配信スタジオ
    製作配信
    スタジオ
    リモートによる業務サポートをブースト(強化)する「ライフプランコンシェルジュ・スタジオ」では、非接触での業務に対応し、遠隔地でも、どんな時でもオンラインで業務サポートや情報発信を行う配信スタジオを備えています。
私たちは、貴社に最適化した業務パッケージを提供します
共生ビジネスとは、お互いが信頼し共に成長するビジネスにすることだと考えています。業種業態に関わらず、新しいビジネスモデルがどんどん育ってきている状況でビジネスのあり方も変わってきております。
まずは、現状をヒアリングさせていただき、貴社にとって有益なビジネスにするための提案をしていきます。我々は、貴社とのパートナーシップ(チーム化)を構築することでそれぞれの自社の弱みを強みにかえることができます。そして、お互いが成功するための提案を共に考えていきます。

Go TopGo Top